本田ヒルズタワークリニック金沢院が開院します!

北陸地方の皆さま、お待たせいたしました!本田ヒルズタワークリニック金沢院が9月開院いたします!

金沢院OPEN 驚異の半額キャンペーン

当院で包茎治療をされる患者様限定の半額キャンペーン!ご予約はお早めに!!

※診察の結果、一部内容によっては半額にならないものもあります。詳しくはご予約の上、本田総院長にご相談下さい。

包茎治療を考えているあなたに覚えておいてほしい3つのこと

一生に一度の大切な選択を失敗しないために。現場を見続けてきたベテラン医師からのメッセージ

安心・安全宣言 ~10の約束~

  1. オール男性スタッフ

    スタッフは全員男性なので、気恥ずかしさがありません。電話受付も男性スタッフが優しく対応いたします。

  2. 人目につかない立地

    本田ヒルズタワークリニックは人通りの少ない場所にございます。

  3. 完全予約制

    完全予約制ですので、患者様同士が顔を合わせることはありません。

  4. プライバシーの保護

    治療をすること自体がバレません。ご予約は仮名でもOKです。

  5. ほぼ無痛・無出血

    「本田式二段階無痛麻酔」と最新式の設備により、注射程度の痛みや出血しか無く、安心・安全です。

  6. 自然な仕上がり

    「本田式ハンドメイド亀頭直下埋没法」と特殊な縫い糸を使用し、手術したことがわかりません。

  7. 入院や通院は不要

    手術直後から走り回れます。抜糸の必要もなく、1回1時間きりでOKです。

  8. 充実のカウンセリング

    多くの術式の中から、患者様に最適な方法を選択し、ご納得いただくまで丁寧に説明します。

  9. 完全自由診療制

    医療保険を使わないので、勤務先や家族にも治療することがバレません。

  10. 年中無休いつでも電話OK

    ご予約・ご相談の受付はもちろん365日体制。アフターフォローも必ず執刀医が担当いたします。

各専門医療の名医を紹介する「スーパードクター」さんから本田総医院長に取材の依頼があり、出演いたしました。

子宮頸がんについての関心が高まる昨今、ヒトパピローマウィルスが原因と言われており、
そのウィルスの温床となりやすい包茎の危険性と、切らない包茎手術「本田式切らない
包茎手術」に関しても詳しく解説しておりますので、ご参考になればと思います。

本田医師がTV番組で包茎について質問されている動画がUPされていましたのでご参考にどうぞ

本田昌毅が包茎についてテレビ出演を依頼された時の映像が
youtubeで紹介されていることを、お客様よりお知らせ頂きました。
ホームページにお越し頂いた皆様のご参考に紹介しいたます。

私達本田ヒルズタワークリニックは、今回ご紹介した映像でも解りますが
医院長自らが責任をもって公共の場で包茎についてお話しています。
これは確かな技術と、政財界を始め著名人の皆様からのご支持があってこそ、
こういったオファーを頂けるものだと大変感謝致しております。

こういった皆様のご支持、評価、ご期待にこれからも全力で応え皆様のお役に立てますよう、
医院長はじめスタッフ一同今一層の精進を重ねて行きたいと思います。

MONDO-TVの「テリー伊藤のTOKYO潜入捜査」で本田ヒルズタワークリニックが取材を受けました!

テリー伊藤のTOKYO潜入捜査
テリー伊藤のTOKYO潜入捜査

本田ヒルズタワークリニックの取材内容はこちら

今回取材協力ということで、実際に総医院長本田昌毅が番組で公募したモニターさんの包茎を
リアルタイムで治療して、実際の効果や手術の様子を映像として可能な限りお見せしています。

有料会員向けの番組ですが、実際の包茎手術を実際に一般公募で選ばれた方が
施術を受けて、術前と術後をちゃんと撮影している本物のモニター施術映像は、
世界初だと思います。

日本一の執刀数と、責任ある施術をモットーに治療を行っている本田昌毅だからこそ
引き受けることが出来た貴重な企画だと思います。

興味がお有りの方は是非ご視聴なさってください。

本田ヒルズタワークリニックの取材内容

総院長ごあいさつ

総院長:本田昌毅

本田医師こと本田ヒルズタワークリニック総院長、本田昌毅です。
世間的には、朝青龍の主治医や王理恵の婚約者ということで世間を賑わせました。

なぜもともと精神科医の中の精神科と言われる、精神鑑定が出来、強制入院させられるような権限を持つ、精神保健指定医の指定を厚労省から受けているような私が、そして「うつの夜明け」の著書であり、朝青龍が精神的におかしいといった時に、真っ先に声が掛かるような私が、包茎治療の第一人者と言われているのでしょうか。

世間的には、精神科医と包茎治療医とは結びついていないようですが、それは無理ありません。 恐らくメスを持った精神科医は私が初めてでしょう。 体の病気に対して内科と外科があるように、心の病気に対しても内科と外科が必要だと気付き確信が持てたのは、それだけ一生懸命、精神科医の仕事に取り組んだ賜物だと思っております。 コンプレックスという心の病気に対しては、どんな精神療法も歯が立ちません。 コンプレックスの元に対しメスを入れることが、一番だという結論に達した瞬間、私の進むべき道はここだと思い、突き進んできました。

その結果気がつけば私が技術開発した亀頭直下埋没法や切らない長茎術という術式がポピュラーになったり、全国に技術指導した医者が50人、そしてメスを入れた患者さんが3万人以上になって、いつしか包茎治療の第一人者と言われるまでになりました。

また、もうひとつ言えることは、“他にいない”と言うことです。 何がいないかと言うと、包茎治療をやってますと堂々と顔も名前も紙面やインターネットだけでなく全国放送のTVでまで全面的に出してやっている医者が他に居るか?ということです。

ひとつは、責任感の表れです。 本田昌毅という個人名を出して、看板にすると言うことは、それ自体、責任を私が持ちますという責任感の表れです。
もうひとつは、顔も出すことによって、今現在も世間に恥じるようないい加減なカウンセリングや施術はせず、これからもずっと妥協せずやっていきますという証です。
従って患者さんに対しては、常に120%、150%の力を持って一人ひとり臨んでおりますし、多くの著名人の方々まで治療させていただいているので変な治療は出来ません。
また、常に自分自身を露出することで誤魔化しの治療をするとか、無責任な治療は出来ない。 それを自分自身のハードルとしてやってきております。

全国に10拠点、今年で沖縄に開業してから7年が経ちました。 それをずっとやってこれて、それを拡大してこれたことが、日々、ひとりひとりの診療の賜物です。 もしこれまでに間違ったことをしてきたり、変なことをしてきていたのなら、今の自分は無いでしょう。

よく患者さんからも、何が本物で何が偽者か分からないと言われることがありますが、ひとつは名前も出して顔も出してやっているということ自体が、正しい答えではないかと思います。