人には聞けない包茎治療ガイド

恥ずかしくてなかなか人には相談しづらい包茎のこと。包茎になるメカニズムやリスク、また利益主義に走りがちな業界の現状など、他院では語られない包茎治療の真実をご紹介します。

そもそも包茎ってなに?

非勃起時にペニスの亀頭部が皮膚でおおわれている状態を「包茎(ほうけい)」といい、勃起時・非勃起時に関わらず亀頭が常に露出している状態を「露茎(ろけい)」といいます。

包茎と露茎

包茎の種類

包茎には大きく分けて「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」の3種類があり、さらにそれらの包茎に他の要因が加わって起こる「埋没包茎」も多く見られる症状です。

仮性包茎

仮性包茎(かせいほうけい)

仮性包茎は、平常時は包皮(ペニス表面の皮膚)が被って亀頭が自然に露出しませんが、包皮を自分で剥けば(反転させる)亀頭を露出させることができ、また勃起時には自然に亀頭が露出します。

真性包茎

真性包茎(しんせいほうけい)

真性包茎は、平常時、勃起時とも亀頭が自然に露出しません。勃起時に自分で皮を剥こうとしても亀頭が露出しなかったり、痛みが伴って露出させる事が困難な場合があります。
真性包茎は医学的、精神的、また性生活においても様々な弊害をもたらすので治療が必要です。真性包茎の治療には保険が適用されます。

カントン包茎

カントン包茎(かんとんほうけい)

亀頭先端を覆う包皮のせまい部分がペニスを過剰に締めつけるのがカントン包茎です。
無理に包皮を反転させると、包皮のせまい部分がペニスを締め付けたり、亀頭がうっ血して包皮を元に戻せなくなったりします。勃起時にのみ締め付けがおこる場合もあります。
無理に広げられた包皮が切れて感染症の原因になったり、うっ血部分が壊死する恐れがありますので、速やかに医療機関で治療を受ける必要があります。包皮が元に戻らず締めつけが起きている場合のみ、保険が適用されます。

埋没包茎

埋没包茎(まいぼつほうけい)

埋没包茎とは、肥満などでたるんだ下腹部にペニスが埋もれたり、ペニスが体内に引き込まれたりするなどの埋没症状です。引き込まれて体内に隠れてしまっている分、ペニス本来の長さより短く見えます。

炎症性包茎

炎症性包茎(えんしょうせいほうけい)

炎症性包茎とは、包皮に傷がつき炎症を起こした状態で、仮性包茎やカントン包茎から発展することが多い症状です。
炎症自体は3、4日で治りますが、治った部分の皮膚が以前より厚く、もろくなります。もろくなると傷つきやすくなり、炎症を起こし、治り、もろくなり、が繰り返され、傷つく周期も短くなります。皮膚は内側に向かって厚くなるので、包皮がペニスを締めつけ始め「仮性包茎→カントン包茎→包皮が剥けない真性包茎」という悪循環に繋がります。
炎症が広がるので早いうちに切除する必要があり、処置が遅いと十分な包皮を確保出来ず、切除自体が出来なくなってしまいます。
また、更に症状が進むと、包皮の出口部分が狭まってピンホールという針の穴程度になり、最終的には出口が塞がっておしっこが出来なくなります。膀胱炎や腎臓炎の原因にもなるので、早期に治療する必要があります。

老人性包茎

老人性包茎(ろうじんせいほうけい)

老人性包茎は、加齢とともに出てきたお腹や、たれた皮膚の中にペニスが埋もれてしまったり、ペニス自体が萎縮して短くなり、そこにお腹がたれてくることで、ペニスを皮が覆ってしまう症状です。
介護してもらう時におしっこが取りにくくなったり、衛生にも良くありません。介護をする方にもされる方にも大きな負担になりますので、治療をしたほうが良いでしょう。

ペニスの発達と包茎の関係

もともと、男性は包茎の状態で生まれてきます。成人までに包茎になるか露茎になるかは遺伝的要素もあるといわれていますが、真性包茎を除いてその多くは成長の過程に原因があります。

産まれたばかりの赤ちゃんは亀頭と包皮が癒着しています。だいたい生後1年頃から癒着が解消され、包皮を動かすことによって亀頭を露出させられる様になります。 その後は身体の成長と共にペニスも成長し、包皮も徐々に後退して、やがて亀頭全体が露出するようになります。
亀頭が包皮に覆われたままの人も多く、露出具合には個人差がありますが、思春期を迎える頃には日本人男性の約75%が勃起時に完全に亀頭が露出するようになります。

ペニスの成長期

第二次性徴でホルモンの分泌が盛んになり、身体が大人の男性らしい体形へと変化するのと同様に、ペニスも成長します。

  1. 15~16歳頃  自然に皮が剥ける
  2. 16~18歳頃  亀頭が発達する(皮膚が厚くなる)
  3. 18~20歳頃  成長が完了する

ペニスは一般的に図の様な過程を経て成長します。
亀頭の皮膚は幼少期にはまだ薄く、常に包皮に守られています。通常は思春期の頃に自然に皮が剥け、剥けると同時に亀頭部分の皮膚も尿道から遠ざかるにしたがって厚く成長するのですが、この時に皮が剥けていないと、亀頭の皮膚は成長しません。皮膚が厚くならないのでカリも発達せず、包皮をカリで留められない包皮のままになってしまいます。

二十歳前後を過ぎたら身長がほとんど伸びないのと同じように、成長期を逃すと亀頭も自然には成長しません。

包茎の自然治癒はありえない

無意味で危険な包茎改善グッズ

巷では包茎を自分で治す器具などが多く売られていますが、医学的な見地から、「剥いたままで皮にくせがつく」というような事はあり得ません。本当にそれだけで治るのであれば、我々包茎治療の専門医は不要になります。
むしろ、器具を使用することで炎症を起こしたり、中には部分的に壊死してしまう例が後を絶ちません。
安易な民間療法には注意が必要です。魅惑的な広告に惑わされず、正しい知識を持って包茎治療を検討してください。

包茎≠早漏

包皮には本来、刺激に弱い亀頭を守る役目があります。成長と共に包皮が剥けて亀頭が露出し、亀頭の皮膚が厚くなり、刺激に強くなっていくのですが、包茎の場合、成長期にも亀頭が包皮に守られているので、亀頭が刺激に弱いままになり、早漏になってしまいます。
ペニスの成長期に亀頭やカリが発達しきれないことに多くの原因がある点は同じですが、一概に「包茎=早漏」というわけではありません。亀頭の皮膚が厚くならず刺激に弱いままだと早漏になり、カリで包皮を留められないと包茎のままなのです。

ペニスへの触感や触圧を感じる神経

早漏治療

早漏の多くの原因は、思春期の皮が剥けなくてはいけない時期に皮が剥けず、亀頭が成長(皮膚が厚くなる)出来なかったために、亀頭の皮膚が薄いということです。
しかし、思春期を過ぎてから亀頭の成長はあり得ませんので、20歳を過ぎてから包茎治療をしても早漏は治りません。

以上のような理由で、包茎手術で早漏が治ると謳っている様なクリニックは、勉強不足で、十分な知識がないまま施術を行なっている非常に危険なクリニックであると断言できます。

包茎のリスクは?

包茎は包皮の内側に恥垢がたまりやすく、衛生的に問題が生じます。恥垢は皮膚から出る垢や尿の残りカス等が混ざったもので、悪臭の原因になったり、様々な弊害を引き起こします。

包茎のペニスは構造的にウイルスが侵入しやすく細菌の増殖に適した環境です。亀頭と包皮の内側は粘膜性で、普通の皮膚より弱く小さな傷ができやすいので感染症も起こりやすくなります。コンジロームやヘルペスがこの部分に出来やすいのもそのためです。菌が繁殖すると、分泌物が分解されてニオイを発したり、刺激性の物質に変わって痒くなったり、皮膚が荒れて赤くなったりします。
女性の子宮頸がんの原因となっている、ヒトパピローマウィルスが包茎のペニスから感染している事や、エイズや性行為感染症に感染しやすい事など、包茎による様々な弊害が報告されています。

包茎が引き起こす代表的な疾患

カントン包茎
仮性包茎で亀頭が露出していても、包皮の先端の直径が狭く、包皮が元に戻らなくなってペニスが締め付けられてしまうことがあります。これがカントン包茎です。この状態のまま放置すると、循環障害で亀頭がむくんだり、裂創が起こったりして皮膚が壊死することがあります。この様な場合、早急に手術が必要です。
尖圭コンジローム
性行為感染症の一種で、包皮の内側や冠状溝等にイボ状の発疹ができます。痛みがほとんど無い為、包茎の場合は発見が遅れることが多いです。
亀頭包皮炎
恥垢がたまったまま不潔にしていると、亀頭や包皮の内側に皮膚炎を起こして亀頭包皮炎となります。炎症が進むと、化膿したり亀頭と包皮が癒着したりします。
その他の疾患
HPVウィルスによって、陰茎ガンやセックスパートナーに子宮ガンを発病させる可能性があります。
他にも、閉塞性乾燥性亀頭炎、尿路感染症、ケーラー紅色肥厚症、クラミジア感染症等、多くの疾患のきっかけになることがあります。

包茎の精神的なデメリット

自分のペニスが人と違うことで悩んだり、包茎を恥ずかしいと感じている男性が多いようです。
包茎を恥ずかしく思うあまり、人に相談したり、専門の医師の診察を受けることをためらってしまい、長い間コンプレックスを抱えてしまいます。
セックスに対しても臆病になり、恋愛やパートナーとの関係に悪影響を及ぼすことも多く、今や日本人の離婚率の高さや少子化の原因のひとつとも言われています。
また、年を取ったり病気をしたりして介護を受ける立場になった場合、看護士や義理の娘さんに下のお世話をしてもらうこともあります。一部の熟年男性には、恥ずかしい姿を見せたくないという思いが強いあまり、介護を受けることをためらわれる方もいらっしゃる程です。

早めの治療で生まれる安心

真性・カントン包茎以外の包茎は、医学的には緊急の治療が必要な病気というわけではありません。
しかし、出来るだけ早い段階で治療をしておけば、衛生を保ち、性病を予防し、コンプレックスに苛まれることなく、心身ともに健康な生活を送ることが出来ると言えるのではないでしょうか。

真性包茎・カントン包茎以外は極力切らない治療を

そもそも仮性包茎も埋没包茎も、ペニスの長さが足りていないから皮が被ってしまいます。ペニスの長さ自体が足りないのに、包皮だけ切って帳尻を合わせるような施術がいいわけがありません。
包皮や裏筋には大事な感覚神経、いわゆる性感帯があります。この様な乱暴な手術は、それらを不必要に切除してしまうなどの危険を秘めています。

包皮を切る手術に潜む不安

手術は平常時に行いますが、勃起時のペニスの長さを正確に判断できない未熟な医師の施術で、下図のように勃起に必要な包皮まで切除されてしまう例もあります。勃起に必要な包皮が足りないので、包皮がつっぱり、セックスに支障が出たり、痛みで勃起不全に陥るなど深刻な事態に発展してしまうことが多いのです。
ペニスは状況によって平常時の2~4倍の大きさに膨張伸縮します。このような特殊な部位はペニス以外にないので、身体の他の部分の皮膚を移植するなどという処置は不可能です。一度失敗すると取り返しがきかない部位なのです。

包皮を切る手術の失敗例

本田ヒルズタワークリニックの包茎治療

当院の仮性包茎・埋没包茎治療では、包茎の根本的な原因である、陰茎の長さと亀頭のカリ部分の改善治療を行い、極力包皮を切らずに治療します。全身麻酔や脂肪吸引などのハイリスクな治療は行いません。

時代の流れの中、現在の医療は美容外科や形成外科など外科全般に「なるべく切らない」手術がトレンドになってきています。針と糸を通すだけ、注射をするだけ等の手術は、ダウンタイムやリスクが少なくなります。胆嚢手術の例では、以前は胆石を取り除くために開腹していた所を、現在は穴を3つ開けるだけで済んでいます。
少し前までは、包皮を切って縫うという手術が主流だった仮性包茎治療でも、同様になるべく切らない治療を行うことで全てのリスクを最小限に抑える施術が出来るのです。

切らない手術のメリット

切る手術と切らない手術の対比表

切らない手術の大きなメリット、ひとつは傷跡が目立たないことです。
そもそも包茎治療には、見た目のコンプレックスを治療するという側面があります。それなのに治療の傷跡が目立ってしまっては、包茎治療をしたことに対して更なるコンプレックスを生んでしまいかねません。更に、その傷跡を修正するのにも多額の治療費がかかってしまいます。
「切らない手術」では注射の針の穴程度しか傷が出来ず、傷跡の心配やそれを回避するための工夫も必要ないので、必然的に時代の主流になってきています。
もうひとつの大きなメリットはダウンタイム(通常生活に戻れるまでの時間)が短いことです。
「切る手術」では、最低でも1週間、包茎治療の場合は1ヶ月かかりますが、「切らない手術」の場合は当日から復帰出来ます。

切る必要がないのに切る手術をすすめるクリニック

カウンセリングの段階で、仮性包茎・埋没包茎の方に「切る手術」を勧めるクリニックは技術レベルに問題があります。「切らない手術」が出来ないクリニックがほとんどですので、そういったクリニックでの治療に関しては価格の大小に関わらずそれなりのリスクを覚悟して治療を受ける必要があります。
場合によっては、一生ペニスが使いものにならなくなってしまう様な事例もあります。クリニック選びは十分注意して検討を重ねてください。

切らなければならない症状

「切らない手術」にも限界はあり、症状によってはどうしても切らないといけない場合もあります。ですがそれは最終的な選択肢の一つと考え、なるべく切らない治療方法をお勧め出来るよう努めています。また、患者様がどうしても切りたいとご希望であれば「切る手術」にもお応えいたします。

包皮口がせまく、亀頭露出が不可能な真性包茎やカントン包茎などは包皮の切除が必要になりますが、当院では、1ミリ単位でも高度とされる現在の包茎治療において、0.1ミリ単位の精度を実現しております。
「切る手術」においても、圧倒的な数の症例を経て、全幅の信頼を頂いておりますので安心してご相談下さい。

包茎治療にかかる費用

当院は一切、集客のためにお金を使いません。
「施術に必要な設備や器具には妥協せず、本当に良い治療を適正な報酬で行う」
これが当院の理念です。

治療費の現状

包茎治療を行うクリニックの多くは、必要以上に華美な施設を用意し宣伝活動を行っています。しかし、その華美な施設は本当に包茎治療に必要なものなのでしょうか?次の集客のため、今治療している患者様の手術費用に不要な設備や過剰な施設費を上乗せしているのです。これは、医療行為に対する正当な報酬とは言えません。
そもそも病院が利益先行のビジネススタイルで良いのでしょうか?

包茎治療は、大変な覚悟と大きな経済的負担をもって行う一生に一度の治療です。自由診療は最先端の治療を受けることが出来る反面、間違ったクリニックを選んでしまうと取り返しの付かないことになります。
最低金額を宣伝し、来院するとその何倍も請求するようなクリニック。カウンセリングもいい加減、手術の腕も未熟、おまけに感染症などお構いなしの器具で利益を追求するクリニック。失敗した場合にも保証はなく、術後の不具合を訴えると「特殊なケースだから仕方がない」等の逃げ文句を並べるだけというクリニックもある様です。

自由診療について

診療には保険診療と自由診療があります。
誰もが生まれてすぐに保険診療を経験しますので、「診療=保険診療」という認識が身についてしまいがちなのですが、その違いを正しく認識していないと、医療の値段に対する感覚がおかしくなってしまいます。

保険診療

保険診療は、どんなサービスでも金額が一律です。業界の第一人者の医師と、初執刀の新人医師でも、同じ手術をした場合には料金は変わりません。丁寧な手術をしても粗雑な手術をしても、同じ手術であれば料金は同じです。

保険診療ではそれぞれの治療に点数がついており一見分かりやすく感じますが、実際には何にいくらかかっているのかが分かりにくいものです。必要のない高い薬を処方するなど、何かと不透明な部分も多く、また後請求が基本なので、治療にいくらかかるのかをあらかじめ聞きづらい雰囲気もあります。この検査はいくらですか?この注射はいくらですか?など聞きづらく感じたことはありませんか?
保険診療は、医師や施術方法を選べないにも関わらず、費用について考えるタイミングがありません。

自由診療

自由診療の場合は、同じ手術の料金に差が出てきます。最先端の高度な技術と、確かな質の治療を提供することで成立します。しかし、残念ながら現在の自由診療は必ずしも最先端で高度な技術を提供しているとは言い切れません。

自由診療では、医者の技術に合わせて料金が設定されます。
「より安く治療したい」と考えるのは普通のことですが、保険診療の「同じ手術=同じ手術法」という思い込みが働いてしまい、つい家電製品の安売り店をさがすような感覚で医師を選び、取り返しの付かないことになることもあります。
例えば、寿司です。寿司職人が握る一貫と、回転寿司の一貫は明らかに値段が違います。全く同じ一貫であれば、安い方へ行くのは当然です。しかし、同じ一貫でありません。ネタもシャリも全く別物です。職人の経験や技術、素材が全く違うからこそ値段が違うのは当然なのです。

料金の法則は、病院だからとか医療費だからといって日常と特別に違うことはないのです。

信頼できるクリニックとは?

クリニックを選ぶ時、何を信用したら良いのでしょうか?
経営のプロが考えれば訴求力のある企画が出来ますし、広告のプロが考えれば魅力的な宣伝が出来ます。魅力的な宣伝文句を謳うだけなら誰にでも出来るのです。

肝心なのは、どんな医師がどんな治療をするのかということです。「安い」「良い治療がある」と美辞麗句を並べても、満足のいく施術ができなければ、結局嘘と変わりません。
どんなスタッフや設備があろうと、最終的には医師と患者、1対1の関係なのです。確かな経験と技術を持った医師が、自分に対してどれだけ誠心誠意、120%の力で対応をしてくれるかという点を大切にしてください。

下記リンクのページでは、信頼できるクリニック選びの方法をご紹介しています。ぜひ併せてお役立てください。

ニーズを見逃さない医師

「包茎手術を決断した患者様は、自分のペニスを一般的な露茎の様にしたいと考えている」そうだと思いますか?
しかし、そこには多くのニーズが隠れています。

  • 離れて見たら分からない(変形など)
  • 近くで見ても分からない(手術痕の色など)
  • パートナーが近くで見ても分からない(縫合部周辺のつっぱりなど)
  • 医者が見てもわからない(縫合部)

手術の傷跡に関する希望だけでも大まかに4種あるのですから、切り方や縫合の仕方、長さ、カリの高さ、またそれらの組み合わせ方など、患者様ごとに様々なニーズがあることがよくお分かり頂けると思います。と同時に、「包茎治療は○万円です」と固定料金を宣伝するクリニックのいい加減さもうかがい知れます。
患者様のニーズに対する当院の治療について、ある患者様の例をご紹介します。

カウンセリング前に記入して頂いた患者様の問診票には「包茎」「長茎」「増大」「早漏」の治療を希望するチェックが入っていました。
そんな患者様に、カウンセリングを終えて当院長が提案したのは「早漏治療」のみでした。

「勃起した時に長くしたいのですか?平常時を長くしたいのですか?」と院長が尋ねましたら、患者様は「勃起した時に長くしたい」と答えました。
もちろん患者様が「平常時を長くしたい」とおっしゃった場合は、提案も変わってきます。
平常時を長くしたい場合、見た目からくるコンプレックスの問題と捉えますが、勃起時に長くしたい場合は、その100%がセックスに関する悩みなのです。

セックスでパートナーを満足させたくて治療を決意されたということなので、まず早漏を治さなくてはいけませんね、と提案したのです。

当院が利益至上主義で開業しているのでしたら、全ての手術を勧めます。患者様ご本人がそれを望んでいるからです。
しかし、当院はそれをしません。まずは早漏治療をして、それから次のことを考えて頂くよう提案します。患者様に、本当に必要な治療を受けて頂くのがベストだと考えるからです。
これが当院の考える「最小限の治療で最大限の効果」です。

患者様自身でも気付いていない本当のニーズや悩みに、どれだけピンポイントでアドバイスを出来るか。そのニーズに応えられる引出しをどれだけ持ち、また最適に使用できるか。こういった点が、当院長が絶大な信頼を集めている最たる理由と言えます。

患者様の選択

多くの患者様が、カウンセリングに行くと強引に営業されるのではないか?という不安を抱えています。
多くのクリニックがそういった営業をしてきたからでしょう。そういった不安が原因で治療に踏み切れない患者様もいるとすれば、非常に残念なことで、それらのクリニックには医療に携わる者として強い憤りを感じます。

当院は、カウンセリングを診療と捉えています。
「TO THE POINT」無駄なことは省いて、患者様の悩みの解決方法を提案します。患者様の選択に必要な情報や選択肢は全て提供しますが、「こうしなければならない」などの提案はありません。
全ての提案の効果、リスク、メリットを納得いただくまで説明し、それを踏まえて、治療を受ける、受けない、この治療法がいい、と患者様に決定していただきます。そして当院は、患者様にご依頼いただいて初めて手術を行います。

当院がするべきは、解決方法を提案することであり、最終的に全ての決定権は患者様にあります。
強引な営業や、押し付けをせず、患者様自身に選んでいただくからこそ、当院にはクレームがないのだと確信しております。